資本金1円で会社設立ができます

今は1円でも会社設立をすることができます。法人成りをするといろいろなメリットがありますので、対外的な信用が不要な場合には1円で会社設立をすることを考えてみても良いでしょう。ネット上のソフトを一人で制作したり、FXのレバレッジ規制を逃れるために法人成りをするような場合には、多額の資本金を必要としない場合が多いです。一方で、多くの資金を必要とし、銀行などからの借入もあてにしたいような場合には、ある程度の資本金を積んでおいた方が良いです。信用が変わってくるからです。財務諸表上、資本金は貸借対照表に記載されます。なかなかわかりにくい用語ですが、金という字を外して、資本と考えるとわかりい安いです。当初はお金を用意しなければなりませんが、そのお金はすぐさま固定資産や商品などに変わることがあります。必ずしも現金や預金を意味しているわけではないのです。自分が会社を始めるために出したお金と考えると良いでしょう。なお、会社設立の手続きは自分でも行うことができます。少しでも設立費用を削減したいと考えているのであれば、まずは法務局に相談しにいきましょう。手続きの手順やかかる費用など、わかりやすく教えてくれます。

会社設立時の資本金を誰が出すのか

新たに自ら会社設立を行い、事業を立ち上げようと考えている場合、資本金、つまり会社を始めるためのお金を誰に出してもらうかということが非常に大きなポイントになります。この場合、金融機関などからの借入は、ベンチャー企業という特性上、信用力が不足することもあり、なかなか資金提供を受けることは難しいことが多くなります。そこで、基本的には、自分を中心として、親族や友人などの人的コネクションを頼りに資金を集めることとなりますが、当然投資先が分散すると株主が多くなるという問題があります。資金の出し手の方々は、もちろん当初は自由にやってよい、経営には口を出さないと言って頂けると思いますが、会社が軌道に乗ってきた場合には、色々な意見の相違や衝突が起こってしまう場合もあり、そうしたことで、長年築いてきた関係が崩れてしまうこともあります。そうした可能性も踏まえた上で、やはりまずは自分で出来るだけ資金を出すことを意識することが重要です。また、金融機関以外で第三者で資金を出してくれる方がいないか、本当にどんなことがあっても人間関係が崩れないといえる方々を資金の出し手とすることを考えましょう。いずれにしても、会社設立時の資本金の出し手の構成にはこうした要因も考慮した検討が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です