会社設立時に必要な資本金について

会社設立の際に必要な資金を「資本金」という。会社が事業をスタートする際に、自分で持っている運転資金のことである。その為、金額が大きければ大きい程、会社の資金繰りが楽になる。金融機関などから資金を借りる必要性も少なくなる。また、会社設立に必要な資本金の金額は法律で決められている。具体的には、株式会社を設立するには、以前は最低でも「1000万円」以上の金額が必要と決められていた。また、有限会社の場合でも「300万円」以上の金額が必要であった。その為、新しく株式会社や有限会社を設立するにはハードルがかなり高いものであった。しかし近年、会社法が改定されて金額の決まりが無くなっている。極端な例では「1円」でも株式会社を設立することが出来る。しかし、設立する会社の事業種類によっては金額の条件が決まっている場合もある。具体的には、登録型の労働者を派遣するような会社の場合、「1000万円」以上の資金が必要であると決められている。その他にも、会社の事業内容によって必要な金額が異なる場合がある。自分が設立しようとする会社の事業がどの分類に当てはまるかや、どれくらいの資金が必要であるかは事前に確認することが必要である。

会社設立をするための資本金について

事業をするために個人で事業をしている人もいますが、会社を作って法人化して事業をするほうが多いでしょう。そして会社を作るためには会社法などの法律で定める一定の順序に従って手続きをする必要があります。また会社にもいろいろな種類がありますが、大多数の人は株式会社を選択することになります。なぜなら株式会社が世間で一番知られている会社の形態だからです。そして株式会社にすれば事業をする時もお客さんにも信頼してもらえる可能性が高いと言えるでしょう。そして株式会社を始めとする会社を設立するためには会社を作ろうとしている人が一定のお金を出資する必要があります。そして出資されたお金は新しくできる会社の資金になります。そしてそのうちの半分以上のお金が会社の資本金になります。そして会社法という法律が施行されてから最低資本金制度が無くなりました。会社法が施行される前までは株式会社では11000万円以上、会社法が施行されてからは設立することができませんが、会社法が施行される前に存在した有限会社では300万円以上という決まりがあったのでその当時会社設立をする時にはこの金額以上のお金を出資する必要がありました。しかし会社法が施行されてからは最低資本金制度が撤廃されたので会社設立をする時の出資金は数十万円でも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です