会社設立の資本金の変化について

会社設立の資本金は以前は株式会社は、最低でも1000万の資本金が必要でした。しかし、新会社法になったことによって、1円以上で良くなりました。こうした新会社法が施行されたことによって、多くの人にとって簡単に会社設立が出来るようになりました。ベンチャー企業なども少ない資本金で、設立することが可能になりました。こうした新会社法は多くの人にチャンスを与えた法律であり、会社設立が多くの人にチャンスのあるものになっています。こうしたお金の問題はとても大きなものです。1円以上で設立できるということはとても素晴らしいことです。設立資金が少なくて済むということは、今まで会社の設立を躊躇してい人も設立がしやすくなりました。払い込むタイミングは、基本的には公証人が認証した日以降になります。お金を払う方法やタイミングもきちんと確認しておくことがとても大事です。お金の支払いを車や貴金属などの現物出資で行うという方法もあります。支払い方法などにも様々なものがあります。こうしたお金は信用の代わりなので、きちんと支払っておく必要性があります。会社を設立するには、多くの書類や必要なものがあり、きちんと揃えておくことが大切です。最近では会社設立に必要な資本金がとても安くなっているようです最近では会社設立に必要な資本金がとても安くなっているようです。以前までは、会社設立をしようとおもうと、結構な資本金がなくては出来なかったようなのですが、最近では資本金が1円からでも出来るようになっているようです。これはとても良いことだと思います。起業をしたいとおもっている人がいても、お金がなくて起業ができないという状況がなくなるからです。そうなると、起業をしたい人が少しの資金で行動をおこせるようになり、会社が世の中に増える事となります。そうすると、雇用が生まれます。逆に今までがどうしてそんなにもお金がかかっていたのかが理解できない程です。誰にとっても幸せなことではないと感じてしまいます。特に現在の経済情勢をみていると、もっともっと簡単になってもいいのかなとさえ感じてしまいます。結局今でも、いろいろな手続きは必要となります。そして、会社には必ず住所が必要となります。そして、会社を起こすために事務所を借りる必要があると思います。その事務所を借りるというのでさえ、結構な費用がかかってしまいます。景気を良くするには、もっと雇用を生まなくてはならないと思うので、もっと起業家を優遇したものがあっても良いのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です